『自転車乗るお』

『自転車乗るお』
google play 無料アプリ FlipaClip で使用したひとコマ『自転車乗るお』から

Translate

2021年6月3日木曜日

ダイソー偏光グラス、あなどれん !

 

若干ボケ写真だが、これがダイソーの偏光レンズ、ビッグフレームという物。
偏光グラスという名前じゃないのだが、偏光グラスととらえて大丈夫。












100円のこれで充分じゃないか、という個人的な使用感

100円ショップダイソー偏光レンズ











釣りで使う偏光グラスという、それかけると水のなかが見やすくなって、魚を発見しやすくなる、というサングラスみたいだが、サングラスとはちょっと違う、という物があることを知って、ほしいかも、と思っていた。

また、季節は夏に向かっていて、サングラスもいいなあ、なんて思っていた。

サングラスは、度付きサングラスがいいのかなあ、とかこのところ、メガネの JINS ウエブページを開いたりして思いを巡らせていたのだった。





そんなとき、そう言えば、100円ショップでサングラスってうってたよなあ、とダイソーに行くことがあって、見てみたら、偏光レンズというのがあった。


お。



行ったとき、店には2種類の偏光レンズという偏光グラスだよなあ的なものがあって、ビッグフレームという、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが『jumpin' juck flash』のプロモーションビデオでかけていたみたいなほうにした。

もう一つのは、色使いがフレームのところなんかおしゃれなのだが、おしゃれ具合が100円ショップだよなあ、ということを感じて、ビッグフレームという物に決めたのだった。



















かけてみるとこんな感じになった。

謎の中国人みたいである。












水面覗き中。











そして、水面を覗いてみると、ビックリ !

水面の光の反射が抑えられて、水中がよく分かるのである。

見た途端、そこに魚がいることも分かっちゃったくらいである。

たまたまそのときいたのだが。

これは、100円ながら、あなどれん、という印象になった。

問題は、もっと洗練されたデザインのフレームのがよくないか?

ということになるかもしれない。

しかしである、ここのところは個人差があると思うが、私の場合は、そんなこと、まあいいや、と思うことにした。

大体が、釣れないのである。

実力がないのだし、お金をかけることもないだろう、というところなのだった。




















この写真の赤枠のところに偏光率記されているみたいである。

この数字をどうみればいいかよくわからないのだが、10%のところの数字が高いほど明るいレンズみたいである。

数字が高いほうが、曇りや夕暮れ時のときも見やすいみたいである。

10%なら、まあいいか、みたいなことになるらしい。

100円だしなあ、とも思う。

これで充分なのではないか、という個人的な感想なのだ。

これは、自転車に乗るときにも使える。












人相が悪くなるので、マスクとか外したいのだが。











100円ショップのサングラスとかだせー、と思っていたこともあったが、なにせ100円なのである。

100円で偏光グラスが手に入るのはすごい。

アマゾンで探して安くても1000円くらいする。













ということで、YouTube 動画もつくってみました。

とにかく偏光グラスいるなあ、とか思っている人にはおすすめである。

ご覧くださいませ。